消化器系に作用する薬物の副作用に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1. ピレンゼピンは、アセチルコリンM2受容体を選択的に遮断し、心悸亢進を引き起こす。

2. ミソプロストールは、プロスタノイドEP受容体を遮断し、子宮収縮を引き起こす。

3. メトクロプラミドは、ドパミンD2受容体を遮断し、乳汁漏出を引き起こす。

4. ブチルスコポラミンは、アセチルコリンM3受容体を遮断し、口渇を引き起こす。

5. メペンゾラートは、アセチルコリンM3受容体を遮断し、頻尿を引き起こす。

解答を見る