60歳の女性。1回経妊1回経産婦。性器出血を主訴に来院した。50歳で閉経。1年前から時々性器出血があった。

身長154cm、体重64kg。子宮は手拳大で両側付属器は触知しない。経腟超音波検査で子宮内膜の肥厚を認め手術を行うこととした。子宮内膜生検のH-E染色標本を別に示す。

この患者の術前検査として適切なのはどれか。3つ選べ。

a. HbA1c測定

b. 骨盤部MRI

c. 腹部造影CT

d. 骨シンチグラフィ

e. ヒトパピローマウイルス(HPV)検査

解答を見る