72 歳の男性。頻尿と尿勢低下とを主訴に来院した。1年前から頻尿を自覚していたが、2か月前からは排尿に時間がかかるようになっている。

直腸指診で前立腺は小鶏卵大、表面平滑、弾性硬で硬結を認めない。尿所見に異常を認めない。

PSA 1.8 ng/mL(基準 4.0 以下)。排尿日誌で1回排尿量 180〜250 mL、昼間排尿回数 10 回、夜間排尿回数 2回。国際前立腺症状スコア 18 点(軽症 0〜7、中等症 8〜19、重症 20〜35)。QOLスコア 5点(軽症 0〜1、中等症 2〜4、重症 5〜6)。尿流測定の結果を別に示す。腹部超音波検査で残尿量は120 mLである。経直腸超音波像を別に示す。推定前立腺体積は 35 mL である。

治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

a. α1 遮断薬

b. 副腎皮質ステロイド

c. ヒスタミン H2 受容体拮抗薬

d. アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬

e. PDE 5<phosphodiesterase 5>阻害薬

解答を見る