7歳6か月の女児。乳房腫大を心配した母親に連れられて来院した。半年前から左乳房が腫大し、最近になり右乳房の腫大にも気付いたという。

意識は清明。身長130cm、体重29.7kg。体温36.1℃。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。Tanner分類で乳房Ⅱ度、陰毛Ⅰ度である。

血液所見:赤血球446万、Hb 14.1g/dL、Ht 40%、白血球5,800、血小板23万。血液生化学所見:AST 22IU/L、ALT 11IU/L、LD 242IU/L(基準176~353) 、ALP 1,331IU/L(基準338~908)、尿酸3.6mg/dL、血糖97mg/dL、TSH 3.6μU/mL(基準5.2~14.4)、LH 0.8mIU/mL(基準1.8~7.6)、FSH 2.9mIU/mL(基準0.5~2.5)、FT4 1.3ng/dL(基準0.8~2.2)、hCG 0.4mIU/mL未満(基準1.0以下)。骨年齢は8歳10か月相当である。成長曲線を別に示す。

患者家族への説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

a. 「初潮が遅くなります」

b. 「陰毛は生えてきません」

c. 「もう少し様子をみましょう」

d. 「脳腫瘍の可能性があります」

e. 「このままでは最終身長が低くなります」

解答を見る