34歳の女性。労作時の息切れと易疲労感とを主訴に来院した。1か月前から、階段昇降時に息切れと疲労感とを自覚するようになった。その後、症状が続くため心配になって受診した。

意識は清明。体温 36.1 ℃。脈拍 64/分、整。血圧 110/76 mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 97%(room air)。左の鎖骨上窩に径 1cmのリンパ節を3個触知する。胸部の聴診でⅢ音を聴取するが、呼吸音に異常を認めない。眼所見と神経学的所見とに異常を認めない。

血液所見:赤血球 512万、Hb 14.6 g/dL、白血球 3,900、血小板 28万。血液生化学所見:総蛋白 6.5 g/dL、アルブミン 3.8 g/dL、AST 27 U/L、ALT 42 U/L、LD 151 U/L (基準 176~353)、CK 37 U/L(基準 30~140)、クレアチニン 0.9 mg/dL、Ca 9.8 mg/dL、P 4.5 mg/dL。免疫血清学所見:CRP 0.1 mg/dL、抗核抗体陰性、ACE 41.2 U/L(基準 8.3~21.4)、可溶性IL-2受容体 726 U/mL(基準 550以下)。胸部エックス線写真で両側の肺門リンパ節の腫脹を認める。心電図は洞調律で心拍数 68/分、不完全右脚ブロックを認める。心エコーで左室拡張末期径64mm、左室駆出率 34%、左室壁厚は中隔、後壁とも 9 mmで心室中隔基部の菲薄化を認める。左の鎖骨上リンパ節の生検組織のH-E染色標本を別に示す。

この患者で、心不全の治療とともに行うべきなのはどれか。

a. 放射線照射

b. α遮断薬投与

c. 抗結核薬投与

d. 副腎皮質ステロイド投与

e. 植込み型除細動器(ICD)の植込み

解答を見る