65歳の女性。腹痛を主訴として家族とともに緩和ケア外来を受診した。1年前に進行膵癌の診断で膵体尾部切除術を受け、1か月前から腹痛が出現した。局所再発、肝転移および腹膜播腫を認め、予後は2か月程度と考えられる。医師が患者に根治は困難であることを伝えた。患者は流涙したまましばらく沈黙が続いた。その後、医師が「お話を続けてもよろしいでしょうか」と声をかけると患者は頷いた。

次に医師がかける言葉として適切なのはどれか。

a. 「何か叶えたい希望はありますか」

b. 「来週落ち着いて話し合いましょう」

c. 「あまりお役にたてることはないようです」

d. 「残された余命について話し合いましょう」

e. 「今どのようなお気持ちか話していただけますか」

解答を見る