53歳の男性。視床出血後の左片麻痺のため回復期リハビリテーション病棟に入院中である。発症して2か月が経過している。

左上肢は前頭部まで挙上できるが、随意運動時に振戦を認める。握力は1kg である。徒手筋力テストで左股関節屈曲・伸展と左膝関節屈曲・伸展の筋力はともに4、左足関節屈曲・伸展の筋力は2。左足クローヌスを認める。左半身の感覚は脱失している。平行棒内での歩行は可能だが、左下肢立脚相に膝関節は過伸展し足関節は内反する。患者は屋外歩行を希望している。

歩行補助具の写真を別に示す。この患者に用いるのに適切なのはどれか。

a. ①

b. ②

c. ③

d. ④

e. ⑤

解答を見る
  問題解説・webプログラミング : 米澤昌紘(れく)