47歳の男性。頸椎脱臼骨折で入院中である。6週間前に高所で作業中に転落し、第5頸椎脱臼骨折に対して観血的後方固定術が行われた。今回、離床を目指したリハビリテーションを開始することとした。徒手筋力テストでは両側とも上腕二頭筋4、橈側手根伸筋3、上腕三頭筋0、深指屈筋0である。体幹筋と下肢筋の随意運動は不可能。両上肢尺側、体幹および両下肢の感覚は脱失している。

適切な対応はどれか。2つ選べ。

a. 頸椎間欠牽引

b. 起坐時の血圧計測

c. 移乗時の立ち上がり訓練

d. 車椅子座位でのクッション材使用

e. 短下肢装具を用いた立位保持訓練

解答を見る