32 歳の女性。腹部膨満感を主訴に来院した。母親が慢性腎不全で血液透析を受けている。両側季肋部から両側側腹部に腫瘤を触知し、軽度の圧痛を認める。

血圧 146/92 mmHg。尿所見:蛋白(+)、潜血(-)。血液生化学所見:尿素窒素 20 mg/dL、クレアチニン 1.2 mg/dL。左の側腹部の腹部超音波像と腹部 CT の冠状断像とを別に示す。

次に行うべき検査はどれか。

a. 腎生検

b. 頭部 MRA

c. 排泄性尿路造影

d. 下部消化管内視鏡

e. ガリウムシンチグラフィ

解答を見る