83 歳の女性。1か月前から続く不眠と食欲低下とを主訴に来院した。高血圧症で自宅近くの診療所を定期受診しており、血圧コントロールは良好である。既往歴に特記すべきことはない。血液検査、腹部超音波検査および上部消化管内視鏡検査で異常を認めない。半年前に夫を1年間の看病の後に亡くしている。

医療面接における医師の発言として適切でないのはどれか。

a. 「体重の変化はいかがですか」

b. 「死にたいと考えたりしたことはありませんか」

c. 「長期間にわたり看病されたのですね、頑張りましたね」

d. 「原因が明らかになるまで検査を繰り返し続けましょう」

e. 「ここ半年の体の調子や気持ちの面での変化を教えてください」

解答を見る