70歳の女性。数か月前から食後に心窩部痛があるため来院した。

体温 37.1 ℃。血圧 124/62 mmHg。眼球結膜に黄染を認める。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。

血液所見:赤血球 432 万、白血球 7,600、血小板 26 万。血液生化学所見:総ビリルビン 7.9 mg/dL、直接ビリルビン 5.2 mg/dL、AST 271 U/L、ALT 283 U/L、ALP 2,118 U/L(基準 115〜359)、γ-GTP 605 U/L(基準8〜50)、アミラーゼ 42 U/L(基準 37〜160)。CRP 6.1 mg/dL。ERCPを示す。

最も可能性が高いのはどれか。

a. 原発性胆汁性胆管炎

b. Mirizzi症候群

c. 総胆管結石

d. 肝細胞癌

e. 胆管癌

解答を見る