68歳の男性。腰痛を主訴に来院した。眼瞼結膜は貧血様であるが、眼球結膜に黄染を認めない。筋力低下や腱反射異常を認めない。

血液所見:赤血球 220 万、Hb 7.8 g/dL、白血球 3,400 (桿状核好中球 3 %、分葉核好中球 32 %、単球 1 %、リンパ球 64 %)、血小板 8.2 万。血液生化学所見:総蛋白 10.5 g/dL、アルブミン3.1 g/dL、IgG 4,600 mg/dL (基準 960〜1,960)、IgA 22 mg/dL(基準 110〜410)、IgM 10 mg/dL (基準 65〜350)。骨髄血塗抹 May-Giemsa 染色標本を別に示す。

この患者に合併しやすいのはどれか。2つ選べ。

a. 高血糖

b. 病的骨折

c. 腎機能障害

d. 低カルシウム血症

e. ビタミン B12 欠乏性貧血

解答を見る