30歳の初産婦。妊娠 33 週 0 日に破水感を主訴に来院した。これまでの妊娠経過に異常はなかった。心拍数 80/分、整。血圧 110/70 mmHg。腟内に貯留した羊水は透明で、児は第1頭位、不規則な子宮収縮を認める。

妊娠継続の可否を決定する上で、有用性が低いのはどれか。

a. 体温

b. 内診

c. 尿検査

d. 腹部触診

e. 血液検査

解答を見る