38歳の男性。生来健康であったが、2週間前から黄疸と右季肋部痛が出現したため来院した。喫煙歴はなく、飲酒は機会飲酒。20歳から印刷工場で印刷作業に従事している。腹部超音波検査を施行したところ、肝門部に腫瘤が認められた。

診断のために聴取すべきなのはどれか。

a. 職場の分煙状況

b. 最近5年間の健診受診の状況

c. 最近3か月の時間外勤務の状況

d. 作業時の防塵マスクの使用状況

e. 過去に作業で使用した有機溶剤の種類

解答を見る