29歳の女性(2妊0産)。今まで自宅近くのA医院で妊婦健康診査を受けていたが、妊娠32週0日に里帰り分娩を希望して来院した。24歳時に妊娠9週で人工妊娠中絶を受けた。2日前から実家で生活を始め、分娩後2か月で自宅に戻る予定だという。

身長 163 cm。体重 66 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 84/分、整。血圧 134/76 mmHg。子宮底長 29 cm、腹囲 83 cm。下腿浮腫を認めない。

尿所見:蛋白 (±) 、糖 (±) 。血液所見:赤血球 380 万、Hb 11.8 g/dL、Ht 34 %、白血球 9,800、血小板 16 万。腹部超音波検査で、胎児は頭位で形態異常はなく、推定体重は 1,800 g、胎盤は子宮底部に付着し、羊水指数<AFI>は 10.8 cm である。持参した母子健康手帳の記載を別に示す。

対応として適切なのはどれか。

a. 鉄剤を投与する。

b. 帝王切開を行う。

c. biophysical profile score<BPS>を評価する。

d. 2週間後に妊婦健康診査を受けるよう指導する。

e. 経口グルコース負荷試験<75 g OGTT>を行う。

解答を見る