28歳の男性。本人から面談の申し出があり産業医を訪れた。職場でストレスチェックを行った際、高ストレス者として選定され、面談指導が勧奨されたという。3か月前に実施した定期健康診断では身長 172 cm、体重 65 kg。血圧 136/88 mmHg。血液検査および生化学検査に異常を認めなかった。既往歴に特記すべきことはない。4か月前に新しい部署に異動し、それまでに経験のない対外折衝業務を担当することになったが、新しい業務になじめずにいた。上司や同僚ともあまり会話がなく、業務量も増加し、残業や休日出勤も必要となっていた。ここ1か月は、休日にも仕事のことが頭から離れなくなり、夜、なかなか寝付けず、朝も起きられないため、遅刻が目立つようになってきた。

来所時の体重は 62 kg。血圧 142/92 mmHg。最近は、夫婦仲も悪化し、けんかが絶えないという。本人はストレスの原因は、不本意な人事異動にあると考えており、異動を強く希望している。

産業医がまず行う対応として適切なのはどれか。

a. 精神科受診を指示し面談を打ち切る。

b. ストレスについて業務上のことに限定して聞く。

c. 管理監督者を交えた3者面談を本人に提案する。

d. 異動できるよう、意見書を直ちに事業者に提出する。

e. 直ちにストレスチェックの結果を人事責任者に閲覧させる。

解答を見る