72歳の女性。消化管出血で緊急入院し、精査の結果、直腸癌と診断された。手術の方針とし、術前放射線療法とともにリハビリテーションを行うこととした。既往歴は 10 年前から高血圧症で、降圧薬を内服している。

意識は清明。身長 152 cm、体重 41 kg。体温 36.7 ℃。脈拍 88/分、整。血圧 118/78 mmHg。呼吸数20/分。SpO2 97 % (room air)。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。眼振を認めない。閉眼で睫毛徴候を認めない。鼻唇溝は対称だが流涎を認め、ろれつが回らない。舌の萎縮を認めない。四肢に筋力低下を認めない。つぎ足歩行は可能で、片脚での立位保持時間は 10 秒。

血液所見:赤血球 341 万、Hb 10.7 g/dL、白血球 3,700、血小板 17 万。血液生化学所見:アルブミン 3.0 g/dL、総ビリルビン 0.4 mg/dL、AST 14 U/L、ALT U/L、ALP 174 U/L (基準 115〜359)、γ-GTP 23 U/L (基準 8〜50)、CK 92 U/L (基準 30〜140)、尿素窒素 18 mg/dL、クレアチニン 0.6 mg/dL、 Na 143 mEq/L、 K 4.2 mEq/L、 Cl 108 mEq/L。 CEA 6.3 ng/mL (基準 5 以下)、CA19-9 73 U/mL (基準 37 以下)。CRP 0.7 mg/dL。頭部 MRI のT2 強調像を別に示す。

周術期のリハビリテーション計画の立案に際し必要な検査はどれか。

a. 脳波

b. 嚥下機能検査

c. 重心動揺検査

d. 針筋電図検査

e. 顔面神経伝導検査

解答を見る