急性呼吸不全をきたした成人患者に対して、バッグバルブマスク換気の後に気管挿管を行った。用手的に送気を行い、聴診による気管チューブの位置確認を行ったところ、心窩部が膨隆してきた。装着していた CO2 検出器では CO2 が検出されなかった。

適切な対応はどれか。

a. 直ちに気管チューブを抜去する。

b. バルーンカフへ空気を追加注入する。

c. 気管チューブへの送気を 2分間継続する。

d. 気管チューブを更に 3cm 挿入して送気する。

e. 気管チューブ内にカテーテルを挿入して吸引する。

解答を見る