66歳の男性。意識障害とけいれんのため救急車で搬入された。3年前から頭部外傷後てんかんで抗けいれん薬の内服治療を受けていた。この1年間はけいれん発作がなかったため、 週間前から服薬していなかったところ、外出先で突然、強直間代けいれんを起こし、居合わせた人が救急車を要請した。

発症から 10 分後の救急隊接触時には間代けいれんがわずかにあったが、救急搬送中に消失した。搬入時、けいれんを認めないが、意識レベルは JCS Ⅰ-3 。体温 36.9 ℃。心拍数 92/分、整。血圧 140/90 mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 99 %(マスク 6L/分酸素投与下)。処置室でバイタルサインを測定し、静脈路を確保し生理食塩液の輸液を開始した直後に、強直間代けいれんが再発した。

直ちに投与すべきなのはどれか。

a. モルヒネ

b. ジアゼパム

c. ペンタゾシン

d. 重炭酸ナトリウム

e. グルコン酸カルシウム

解答を見る