42 歳の男性。健康診断で異常を指摘されたため受診した。既往歴、家族歴に特記すべきことはない。喫煙歴は 20 本/日を 13 年間。飲酒はビールを 500 mL/日。

身長 167 cm、体重 78 kg、腹囲 104 cm。体温 36.4 ℃。脈拍 68/分、整。血圧138/76 mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。

血液生化学所見:総蛋白 7.5 g/dL、アルブミン 4.2 g/dL、総ビリルビン 0.6 mg/dL、AST 45 U/L、ALT 52U/L、γ-GT 130 U/L (基準 8〜50) 、尿素窒素 28 mg/dL、クレアチニン 1.0mg/dL、尿酸 7.9 mg/dL、空腹時血糖 130 mg/dL、 HbA1c 6.8 % (基 準4.6〜6.2) 、トリグリセリド 250 mg/dL、HDLコレステロール 33 mg/dL、LDLコレステロール 142 mg/dL。

まず行うべきなのはどれか。

a. 降圧薬投与

b. ニコチン補充療法

c. 75 g 経口ブドウ糖負荷試験

d. 生活習慣に関する詳細な聴取

e. 週3回以上のジョギングの推奨

解答を見る
  問題解説・webプログラミング : 米澤昌紘(れく)