52歳の男性。咽頭痛と嚥下困難とを主訴に来院した。

咽頭所見、頭部造影MRIのT1強調水平断像及び生検組織のH-E染色標本を別に示す。生検組織の免疫組織化学染色標本で、ヒトパピローマウイルスの持続感染を示唆するp16蛋白が強陽性であった。口腔粘膜擦過検体のPCR検査でもヒトパピローマウイルスが検出された。

適切な対応はどれか。

a. 経過観察

b. 抗菌薬投与

c. 扁桃摘出術

d. 放射線化学療法

e. 抗ウイルス薬投与

解答を見る