65歳の男性。腹部膨満感と倦怠感とを主訴に来院した。3か月前から腹部膨満感と倦怠感とを自覚するようになり徐々に増強してきたため受診した。

眼瞼結膜は貧血様である。右季肋下に肝を3cm、左季肋下に脾を10cm触知する。

血液所見:赤血球340万、Hb. 10.2g/dL、Ht 33%、白血球8,700(骨髄球3%、後骨髄球5%、好中球59%、好酸球4 %、好塩基球2%、単球8%、リンパ球19%、赤芽球 3個/100白血球)、血小板35万。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dL、アルブミン3.8g/dL、総ビリルビン1.2mg/dL、AST 36IU/L、ALT 24IU/L、LD 587IU/L(基準176~353)、尿素窒素22mg/dL、クレアチニン1.1mg/dL。骨髄穿刺ではdry tapで骨髄液を採取できなかった。

診断のために次に行うべき検査はどれか。

a. 骨髄生検

b. 骨髄MRI

c. 腹部超音波検査

d. JAK2遺伝子検査

e. 骨シンチグラフィ

解答を見る