49 歳の女性。右眼の霧視と飛蚊症とを主訴に来院した。3か月前に左下腿に硬結を伴う直径約3cm の紅斑が出現した。1週間前からは右眼の霧視と飛蚊症とが出現し、次第に増悪してきたため受診した。矯正視力は右 0.6、左 1.2。眼圧は右15 mmHg、左 16 mmHg。眼底検査で右眼に雪玉状の硝子体混濁を認める。右前眼部写真を別に示す。

診断に有用な検査はどれか。

a. 皮膚生検

b. 髄液検査

c. 前房水の細菌培養検査

d. 光干渉断層計<OCT>検査

e. 血清トキソプラズマ抗体検査

解答を見る