43 歳の女性。意識障害を主訴に救急車で搬入された。一昨日の午後から上腹部痛、背部痛および悪心が出現し、自宅近くの医療機関を受診し鎮痛薬と制吐薬とを処方されたが無効だった。本日早朝から呼びかけに返答できなくなり夫が救急車を要請した。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。喫煙歴と飲酒歴はない。意識は傾眠状態だが唸り声をあげながらうずくまってしまい仰臥位で診察を受けられない。

身長 162 cm、体重 60 kg。体温 37.2 ℃。心拍数 56/分、整。血圧 106/58 mmHg。呼吸数 20/分、深い大きな呼吸で呼気には異臭がする。臍周囲に青紫色の着色斑を認める。

尿所見:蛋白(-)、糖4+、ケトン体3+。血液所見:赤血球 468 万、Hb 14.8 g/dL、白血球 18,000、血小板 10 万。血液生化学所見:アルブミン 3.2 g/dL、アミラーゼ 820 U/L(基準 37〜160)、クレアチニン 1.3 mg/dL、血糖 1,080 mg/dL、HbA1c 5.6 % (基準 4.6〜6.2)、ケトン体 8,540 μmol/L (基準 28〜120)、総コレステロール 310 mg/dL、トリグリセリド 840 mg/dL、Na 143 mEq/L、K4.9 mEq/L、Cl 93 mEq/L、Ca 6.8 mg/dL。CRP 24 mg/dL。動脈血ガス分析(room air):pH 7.11、PaCO2 27 Torr、PaO2 86 Torr、HCO3- 15.2 mEq/L。胸部エックス線写真で両側に軽度の胸水を認める。頭部 CT で異常を認めない。腹部造影 CTを別に示す。

静脈路を確保し生理食塩液とともに投与を開始すべきなのはどれか。3つ選べ。

a. 速効型インスリン

b. 副腎皮質ステロイド

c. 蛋白分解酵素阻害薬

d. グルコン酸カルシウム

e. 広域スペクトル抗菌薬

解答を見る