77 歳の男性。発熱と全身倦怠感とを主訴に来院した。10 日前から 38 ℃前後の発熱があった。非ステロイド性抗炎症薬を内服したが全身7怠感が増悪したため受診した。

意識は清明。体温 39.1 ℃。脈拍 112/分、整。血圧 102/48 mmHg。呼吸数 14/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛を認めないが、右季肋部に叩打痛を認める。

尿所見:蛋白 (-)、糖 (-)、潜血 (-)。血液所見:赤血球 311 万、Hb 9.9 g/dL、白血球 23,100、血小板 11 万。血液生化学所見:アルブミン 2.8 g/dL、AST 104 U/L、ALT 78 U/L、LD 263 U/L (基準 176〜353)、ALP 786 U/L (基準 115〜359)、γ-GTP 94 U/L (基準 8〜50)、尿素窒素 24 mg/dL、クレアチニン 1.2 mg/dL。CRP 31 mg/dL。腹部造影 CTを別に示す。

適切な治療はどれか。2つ選べ。

a. 肝切除

b. 抗菌薬投与

c. 経皮的ドレナージ

d. ラジオ波焼灼療法

e. 内視鏡的胆管ドレナージ

解答を見る