52歳の男性。発熱を主訴に来院した。3日前に発熱と咳嗽および膿性痰が出現し、改善しないため来院した。5年前から糖尿病で内服治療中である。食事は普通に摂取でき、飲水もできている。

意識は清明。体温 39.1 ℃。脈拍 112/分、整。血圧 140/86 mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 97 %(room air)。左下胸部で coarse crackles を聴取する。

血液所見:白血球 17,900 (桿状核好中球 4 %、分葉核好中球 84 %、単球 2 %、リンパ球 10 %)。血液生化学所見:AST 62 U/L、ALT 54 U/L、尿素窒素 16 mg/dL、クレアチニン 0.8 mg/dL、血糖 150 mg/dL。CRP 10.6 mg/dL。喀痰 Gram 染色で Gram 陽性双球菌を認める。尿中肺炎球菌迅速抗原検査が陽性である。胸部エックス線写真を別に示す。

患者への説明として適切なのはどれか。

a. 「肺炎ですが重症ではないので外来で治療しましょう」

b. 「炎症反応が高く重症化しやすいので入院して治療しましょう」

c. 「肺炎球菌性肺炎は死亡率が高いので集中治療室に入室しましょう」

d. 「肝機能障害があり、重症化しやすいので入院して治療しましょう」

e. 「糖尿病を合併しており、重症化しやすいので入院して治療しましょう」

解答を見る