21歳の初妊婦。妊娠37週の妊婦健康診査のため来院した。妊娠12週の妊婦初期検査でHCV抗体陽性と判定された。その後に行われた肝機能検査は正常で、リアルタイムPCR法によるHCV-RNA定量検査では「検出せず」と判定された。妊娠36週までの妊娠経過に異常を認めない。

分娩前の説明として正しいのはどれか。

a. 「お産後は母体の再検査が必要です」

b. 「必ずしも帝王切開の必要はありません」

c. 「生まれた赤ちゃんは個室に隔離します」

d. 「生まれた赤ちゃんは人工乳で哺育しましょう」

e. 「生まれた赤ちゃんにはインターフェロン投与が行われます」

解答を見る