48歳の女性。手関節と手指の腫れを主訴に来院した。 6か月前から両側の手首や手指の関節の痛みを自覚していた。市販の消炎鎮痛薬と貼付剤とで様子をみていたが改善しないため受診した。朝起きてから約1時間は手指を動かしにくい。

身長155cm、体重45kg。体温36.5℃。脈拍72/分、整。血圧132/74mmHg。両手関節、両手示指の中手指節関節(MP関節)および近位指節間関節(PIP関節)に腫脹と圧痛とを認める。

尿所見:蛋白-、糖-。血液所見:赤血球392万、Hb 12.1g/dL、Ht 36%、白血球8,800、血小板45万。血液生化学所見:総蛋白7.2g/dL、アルブミン3.7g/dL、クレアチニン0.7mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.8mEq/L、Cl 103mEq/L。免疫血清学所見:CRP 2.8mg/dL、リウマトイド因子(RF) 80IU/mL(基準20未満)、抗CCP抗体52U/mL(基準4.5未満)、CH50 55U/mL(基準30~50)、抗核抗体陰性、抗SS-A抗体陰性。手の単純エックス線写真で異常を認めない。

この患者の早期の病変評価に有用な検査はどれか2つ選べ。

a. 血管造影

b. 関節MRI

c. 筋電図検査

d. 関節鏡検査

e. 関節超音波検査

解答を見る