34 歳の女性。腹痛、下痢および発熱を主訴に来院した。

現病歴:2日前に夫婦で焼き鳥と鳥刺しを食べた。昨日深夜に腹痛と悪寒とで目を覚まし、トイレに駆け込んだところ水様下痢であった。朝までに5、6回の水様下痢と1回の嘔吐があり、夫に連れられて受診した。夫は下腹部痛はあるが、下痢はない。

既往歴 :4歳時に肺炎。

生活歴 : 会社員。33 歳の夫との2人暮らし。ペットは飼っていない。海外渡航歴はない。

家族歴:父親が高血圧症。母親が糖尿病。

現症: 意識は清明。身長 155 cm、体重 48 kg。体温 37.8 ℃。脈拍 112/分、整。血圧 102/68 mmHg。呼吸数 18/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内と皮膚は乾燥している。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦で、全体に軽度の圧痛を認めるが反跳痛はない。肝・脾を触知しない。皮疹を認めない。

検査所見 : 尿所見:比重 1.031、蛋白(±)、糖(-)、ケトン体2+、潜血(-)。便所見:外観は淡黄色水様。血液の付着はない。血液所見:赤血球 452 万、Hb13.1 g/dL、Ht 40 %、白血球 10,300(好中球 81%、好酸球2%、好塩基球0%、単球1%、リンパ球 16 %)、血小板 32 万。血液生化学所見:総蛋白 8.0 g/dL、アルブミン 4.1 g/dL、総ビリルビン1.0 mg/dL、AST 10 U/L、ALT 16 U/L、LD 289U/L(基準 176〜353)、ALP 215 U/L(基準 115〜359)、γ-GTP 14 U/L(基準 8〜50)、アミラーゼ 55 U/L(基準 37〜160)、CK 50U/L(基準 30〜140)、尿素窒素 22 mg/dL、クレアチニン0.7 mg/dL、尿酸4.2 mg/dL、血糖 82 mg/dL、Na 133 mEq/L、K 3.0 mEq/L、Cl 95 mEq/L。CRP 4.5 mg/dL。


脱水と判断し、直ちに生理食塩液の急速輸液を開始した。

脱水改善の指標となる所見はどれか。2つ選べ。

a. CRP

b. 体重

c. 脈拍

d. 尿比重

e. 白血球数

解答を見る

次に行うべき検査はどれか。

a. 便潜血検査

b. 便培養検査

c. 便脂肪染色

d. 便中ロタウイルス抗原検査

e. 便中 Clostridium difficile 抗原検査

解答を見る

治療開始後は順調に回復し入院3日目に退院したが、退院 10 日目から両下肢の脱力が出現した。脱力感は徐々に進行し、退院 12 日目に歩行困難となったため、救急車で搬入された。

最も考えられるのはどれか。

a. 脳梗塞

b. 多発性硬化症

c. 重症筋無力症

d. ウイルス性髄膜炎

e. Guillain-Barré 症候群

解答を見る