84 歳の女性。失神と眼前暗黒感とを主訴に来院した。

現病歴:1週間前から時々気が遠くなるようなふらつきを自覚していたが、本日、朝食前に突然眼前暗黒感を自覚し意識が消失した。意識はすぐに回復したが、心配になり長女に付き添われて救急外来を受診した。

既往歴:60 歳ごろから高血圧症と脂質異常症。75 歳ごろから骨粗鬆症と逆流性食道炎。80 歳ごろから心不全と心房細動で内服治療中。アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、スタチン<HMG-CoA 還元酵素阻害薬>、ビスホスホネート製剤、プロトンポンプ阻害薬およびジゴキシンを処方されている。

生活歴:ADL は自立している。長女夫婦と3人暮らし。喫煙歴と飲酒歴はない。

家族歴:父親が心筋梗塞で死亡。母親が胃癌で死亡。

現症:意識は清明。身長 150 cm、体重 42 kg。体温 35.8 ℃。脈拍 36/分、不整。血圧 152/70 mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 96 %(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心尖部を最強点とするⅡ/Ⅵの汎収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。下腿に浮腫を認めない。神経学的所見に異常を認めない。

検査所見:尿所見:蛋白(±)、糖(-)、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 352 万、Hb 11.8 g/dL、Ht 36 %、白血球 5,800、血小板 16 万。血液生化学所見:総蛋白 6.8 g/dL、アルブミン 3.9 g/dL、AST 28 U/L、ALT 32 U/L、ALP 164 U/L(基準 115〜359)、CK 45 U/L(基準 30〜140)、尿素窒素 24 mg/dL、クレアチニン 1.4 mg/dL、血糖 110 mg/dL、HbA1c 5.7 % (基準 4.6〜6.2)、Na 133 mEq/L、K 3.6 mEq/L、Cl 97 mEq/L。CRP 0.3 mg/dL。


まず行うべきなのはどれか。

a. 脳波

b. 心電図

c. 頭部 MRI

d. 胸部造影 CT

e. ヘッドアップティルト試験

解答を見る

中止すべき薬剤はどれか。

a. スタチン<HMG-CoA 還元酵素阻害薬>

b. アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬

c. ビスホスホネート製剤

d. プロトンポンプ阻害薬

e. ジゴキシン

解答を見る

薬剤を中止したところ状態は改善した。 今回の経過に関連したのはどれか。

a. 薬物相互作用

b. 薬物排泄の低下

c. 薬物代謝の低下

d. 薬物吸収の低下

e. 服薬アドヒアランスの低下

解答を見る