75歳の男性。労作時の呼吸困難と体重減少とを主訴に来院した。5年前から労作時の呼吸困難を自覚していたが徐々に増強し、体重も半年前と比較して8kg 減少したため心配になり来院した。7年前に肺炎で入院治療を受けている。喫煙は 30 本/日を 50 年間。

意識は清明。身長 162 cm、体重 39 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 96/分、整。血圧 140/70 mmHg。呼吸数 24/分。SpO2 91 %(room air)。心音はⅠ音とⅡ音の減弱を認めるが心雑音は認めない。呼吸音は減弱している。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。

血液所見:赤血球 435 万、Hb 13.7 g/dL、Ht 41 %、白血球 7,200、血小板 19 万。血液生化学所見:総蛋白 6.4 g/dL、アルブミン 3.4 g/dL。CRP 0.4 mg/dL。動脈血ガス分析(room air):pH 7.42、PaCO2 47 Torr、PaO2 62 Torr、HCO3- 28 mEq/L。呼吸機能所見:%VC 78 %、FEV1 % 42 %。胸部エックス線写真と胸部 CTとを示す。

この疾患について誤っているのはどれか。

a. 除脂肪体重は予後と関連する。

b. 高蛋白・高エネルギー食が望ましい。

c. 脂質の割合が高い栄養素配分が基本である。

d. 安静時エネルギー消費量は予測値より低下する。

e. 食事に伴う呼吸困難が食事摂取量減少の一因となる。

解答を見る