2歳の男児。発熱と左膝痛とを主訴に母親に連れられて来院した。2週間前から弛張熱、跛行および下腿の皮疹がみられるようになった。1週間前から左膝を痛がるようになった。抗菌薬を内服しても解熱しないため受診した。

身長 84.2 cm、体重 10.3 kg。体温 38.5 ℃。脈拍 168/分、整。血圧 126/62 mmHg。皮膚は両側の下腿に2cm大の淡紅色の紅斑を認める。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内にアフタを認めない。咽頭に発赤はなく、扁桃に腫大を認めない。両側の頸部に径 1.5 cm のリンパ節を3個ずつ触知する。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝を右季肋下に2cm、脾を左季肋下に3cm触知する。左膝関節の腫脹と圧痛とを認めるが、可動域制限はない。

赤沈 90 mm/1時間。血液所見:赤血球 390 万、Hb 9.8 g/dL、Ht 32 %、白血球 10,400(桿状核好中球1%、分葉核好中球 77 %、好酸球1%、好塩基球1%、単球8%、リンパ球 12 %)、血小板 38 万、PT-INR 1.2(基準 0.9〜1.1)、血漿フィブリノゲン 469 mg/dL(基準 185〜370)、フィブリン分解産物 9.2 μg/mL(基準5未満)。血液生化学所見:総蛋白 5.8 g/dL、アルブミン 3.0 g/dL、AST 33 U/L、ALT6U/L、LD 374 U/L(基準 397〜734)、CK 57 U/L (基準 30〜140)、尿素窒素 6 mg/dL、クレアチニン0.2 mg/dL、Na 137 mEq/L、K4.3 mEq/L、Cl 100 mEq/L。免疫血清学所見:CRP 3.2 mg/dL、matrix metalloproteinase-3(MMP-3)196 ng/mL(基準 37〜121)、リウマトイド因子(RF)3 IU/mL(基準 15 未満)、抗核抗体陰性。両膝の造影 MRI 水平断像を示す。

考えられる疾患はどれか。

a. 川崎病

b. IgA血管炎(Schönlein-Henoch紫斑病)

c. リウマチ熱

d. 化膿性関節炎

e. 若年性特発性関節炎(JIA)