54歳の男性。吐血を主訴に来院した。3日前から黒色便であったがそのままにしていたところ、今朝コップ1杯程度の吐血があったため救急外来を受診した。

意識は清明。体温 36.4 ℃。脈拍 124/分、整。血圧 86/60 mmHg。呼吸数 20/分。皮膚は湿潤している。四肢に冷感と蒼白とを認める。眼瞼結膜は軽度貧血様であるが、眼球結膜に黄染を認めない。腹部は平坦で、心窩部に圧痛を認めるが、筋性防御はない。まず急速輸液を開始し、脈拍 96/分、血圧 104/68 mmHg となった。

次に行うべきなのはどれか。

a. 輸血

b. 血管造影

c. 開腹手術

d. 上部消化管内視鏡

e. プロトンポンプ阻害薬静注

解答を見る