出生後12 時間の新生児。在胎39週、出生体重3,820gで、児頭の吸引を3回施行した後に娩出された。Apgarスコアは6点(1分)、9点(5分)であった。出生時に両側の側頭部から後頭部にかけて波動性の血腫を触知した。徐々に頭部の血腫が拡大するとともに、出生9時間後からチアノーゼを伴う無呼吸が繰り返し出現したため、NICUに搬送された。

体温 36.3 ℃。心拍数 156/分、整。血圧 50/30mmHg。呼吸数 60/分。SpO2 90 %(room air)。前頭部から両側の上眼瞼にかけて皮膚が暗紫色を呈している。やや活気がなく、筋緊張は低下している。

血液所見:赤血球 257 万、Hb 9.0 g/dL、Ht 32 %、白血球 27,400、血小板 15 万、PT-INR1.3 (基準 0.9〜1.1)、APTT 46.6 秒(基準対照 37.1 秒)、血漿フィブリノゲン 150 mg/dL (基準 200〜400 mg/dL)。血液生化学所見:総蛋白 4.5 g/dL、アルブミン2.8 g/dL、AST 88 U/L、ALT 26 U/L、LD 874 U/L (基準 198〜404)、尿素窒素 12mg/dL、クレアチニン 0.6 mg/dL、血糖 146 mg/dL、Na 133 mEq/L、K 5.2mEq/L、Cl 104 mEq/L。頭部単純MRIのT1強調像を別に示す。

患児に対する適切な治療はどれか。

a. 抗菌薬の投与

b. 病変部の穿刺

c. 新鮮凍結血漿の投与

d. キサンチン系薬の投与

e. ブドウ糖・インスリン点滴静注

解答を見る