68歳の男性。一過性の意識消失を主訴に来院した。

現病歴:買い物中に突然目の前が真っ暗になり、意識を失って転倒した。居合わせた家族によると 30 秒後に速やかに意識を回復したとのことであった。そのまま家族に連れられて受診した。

既往歴:10 年前から高血圧症で自宅近くの診療所に通院中。

生活歴:喫煙は 10 本/日を 68 歳まで 40 年間。飲酒は機会飲酒。

家族歴:父親は 70 歳時に大腸癌で死亡。


追加して確認すべき情報で重要度が低いのはどれか。

a. 内服薬

b. 動悸の有無

c. 胸痛の有無

d. 黒色便の有無

e. 頭位変換時のめまいの有無

解答を見る

現症:意識は清明。身長 168 cm、体重 64 kg。体温 36.1 ℃。脈拍 88/分、整。血圧 128/88 mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98 %(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心臓の聴診で胸骨右縁第2肋間を最強点とするⅣ/Ⅵの駆出性雑音を認める。

心音・心雑音の模式図を以下に示す。

この患者で予測されるのはどれか。

a. ①

b. ②

c. ③

d. ④

e. ⑤

解答を見る