58歳の男性。息苦しさと左胸部痛を主訴に救急車で搬入された。

現病歴:30分前に職場でデスクワーク中、突然の息苦しさと左胸部全体の痛みが出現した。症状が強く、職場の同僚が救急車を要請した。

既往歴:特記すべきことはない。

生活歴:喫煙歴はない。飲酒はビール 350 mL/日。

家族歴:父親が胃癌で死亡。

現症:意識は清明。身長 160 cm、体重 86 kg。体温 36.2 ℃。脈拍 108/分、整。血圧 128/70 mmHg。呼吸数 30/分。SpO2 93 %(リザーバー付マスク 10 L/分酸素投与下)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。Ⅱ音の亢進を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。神経診察に異常を認めない。ポータブルの胸部エックス線写真で異常を認めない。


心電図を別に示す。この心電図所見で正しいのはどれか。

a. 心房粗動

b. 正常電気軸

c. デルタ波

d. 完全左脚ブロック

e. QT 短縮

解答を見る

検査所見:血液所見:赤血球 450 万、Hb 13.3 g/dL、Ht 40 %、白血球 6,200、血小板 18 万。血液生化学所見:AST 32 U/L、ALT 45 U/L、LD 260 U/L (基準 176〜353)、CK 98 U/L (基準 30〜140)、尿素窒素 11 mg/dL、クレアチニン 0.6mg/dL、血糖 102 mg/dL。心エコー検査で右心系の拡大および左室の圧排像を認める。

診断確定のために行うべき検査はどれか。

a. 胸部 MRI

b. 冠動脈造影

c. 胸部造影 CT

d. 呼吸機能検査

e. 運動負荷心電図

解答を見る

検査の準備中、突然息苦しさが悪化し、その後意識レベルは JCSⅡ-10 まで低下した。心拍数 128/分、整。血圧 70/40 mmHg。SpO2 は測定不能。頸静脈の怒張を認める。

考えられる病態はどれか。

a. 出血性ショック

b. 心原性ショック

c. 閉塞性ショック

d. 敗血症性ショック

e. アナフィラキシーショック

解答を見る