70歳の男性。労作時の息切れを主訴に来院した。

現病歴:4年前に縦隔腫瘍に対し摘出手術が施行され、病理検査で軟部肉腫と診断された。2年前に肺転移に対して2か月間アドリアマイシンが投与され、その後病変の増大はない。1か月前から倦怠感があり、数日前から労作時の息切れを自覚するようになった。ここ3か月で 3kg の体重増加がある。

既往歴:45歳から高血圧症で内服加療。

生活歴:喫煙は20歳から33歳まで20本/日。飲酒は機会飲酒。

家族歴:母親は肺癌で死亡。

現症:意識は清明。身長 172 cm、体重 63 kg。体温 36.5 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 164/78 mmHg。呼吸数 18/分。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒脹を認めない。胸骨正中切開の手術瘢痕を認める。Ⅲ音を聴取し、心雑音を認めない。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。四肢末梢に冷感を認めない。両側下腿に浮腫を認める。

検査所見:血液所見:赤血球 399 万、Hb 11.6 g/dL、Ht 38 %、白血球 4,000、血小板 16 万。血液生化学所見:総蛋白 6.2 g/dL、アルブミン 3.6 g/dL、AST 62 U/L、ALT 81 U/L、LD 251 U/L 基準 176〜353 、尿素窒素 14 mg/dL、クレアチニン 0.6 mg/dL、血糖 97 mg/dL、Na 142 mEq/L、K 4.4 mEq/L、Cl 108 mEq/L、脳性ナトリウム利尿ペプチド<BNP>696 pg/mL (基準 18.4 以下)、心筋トロポニンT 0.14 (基準 0.01 以下)、CK-MB 5 U/L (基準 20 以下)。CRP 0.3 mg/dL。 動脈血ガス分析 (room air):pH 7.4、PaCO2 38 Torr、PaO283 Torr、HCO3- 24 mEq/L。胸部エックス線写真で心胸郭比は3か月前に 53 %、受診時 58 %。心電図で高電位とV5、V6の軽度 ST 低下を認める。1年前の心エコー検査は正常である。今回の来院時の心エコー検査で左室はびまん性に壁運動が低下しており、左室駆出率は35%。


症状の原因として最も考えられるのはどれか。

a. 心外膜炎

b. 急性心筋梗塞

c. 拡張型心筋症

d. 感染性心内膜炎

e. 薬剤性心筋障害

解答を見る

現時点での治療薬はどれか。3つ選べ。

a. β 遮断薬

b. ジギタリス

c. ループ利尿薬

d. セフェム系抗菌薬

e. アンジオテンシン変換酵素<ACE>阻害薬

解答を見る

心不全の薬物治療を続けるうえで継続的に評価する必要がないのはどれか。

a. 体 重

b. 心拍数

c. CK-MB

d. 左室駆出率

e. 脳性ナトリウム利尿ペプチド<BNP>

解答を見る