78歳の男性。労作時呼吸困難を主訴に来院した。半年前から労作時呼吸困難を自覚し、2週前から増悪しているという。

意識は清明。体温37.0℃。脈拍100/分、整。血圧146/84mmHg。呼吸数24/分。SpO2 88%(room air)。心音に異常を認めない。両側の背部にfine cracklesを聴取する。下腿に浮腫を認めない。胸部エックス線写真及び胸部CTを別に示す。

認められる可能性が高いのはどれか。

a. 一秒率低下

b. PaCO2上昇

c. A-aDO2開大

d. 血清LD低下

e. 血中サーファクタントプロテインD〈SP-D〉低下

解答を見る