23 歳の女性。発熱と頭痛を主訴に来院した。昨日から 38 ℃の発熱、頭痛および頻回の嘔吐があり受診した。鼻汁、咽頭痛、咳嗽および排尿時痛はいずれも認めない。意識は清明。身長 155 cm、体重 48 kg。体温 39.6 ℃。脈拍 104/分、整。血圧108/50 mmHg。呼吸数 22/分。SpO₂ 99 %(room air)。頸部リンパ節腫脹を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。

背部に叩打痛を認めない。項部硬直と Kernig 徴候を認めないが jolt accentuationを認める。尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体(-)、潜血(-)、白血球(-)。血液所見:赤血球 440 万、Hb 13.0 g/dL、Ht 44 %、白血球 3,600(桿状核好中球8%、分葉核好中球 55 %、好酸球3%、好塩基球2%、単球4%、リンパ球 27 %)、血小板 14 万。血液生化学所見:尿素窒素 26 mg/dL、クレアチニン 1.1 mg/dL、Na 135 mEq/L、K 4.1 mEq/L、Cl 93 mEq/L。CRP 0.3 mg/dL。血液培養の検体を採取し、抗菌薬治療を開始した。

次に行うべきなのはどれか。

a. 尿培養

b. 便培養

c. 咽頭培養

d. 喀痰培養

e. 腰椎穿刺

解答を見る
  問題解説・webプログラミング : 米澤昌紘(れく)