65歳の男性。3日前からの眼痛を主訴に来院した。20歳ころに右眼を強く打撲したが、その後問題なく生活していた。半年前から右眼の視力低下を自覚し、1か月前からほとんど見えなくなったが、仕事の都合で医療機関を受診できなかった。

全身所見に異常を認めない。視力は右眼前手動弁、左 1.0。眼圧は右 53 mmHg、左 15 mmHg。右眼の眼底は透見不能である。右眼の前眼部写真を別に示す。

行うべき治療はどれか。

a. 抗菌薬投与

b. 強膜内陥術

c. 水晶体摘出術

d. 眼球マッサージ

e. 全層角膜移植術

解答を見る
  問題解説・webプログラミング : 米澤昌紘(れく)