38歳の男性。職場で床に落ちた書類を拾おうと屈んだところ、腰痛と右下腿痛が出現したため受診した。既往歴に特記すべきことはない。

身長 165 cm、体重 58 kg。体温 36.7 ℃。脈拍 80/分、整。腰椎エックス線写真で異常を認めず、腰部単純MRIで第4腰椎と第5腰椎間の右側に椎間板ヘルニアを認めた。

この患者で認められないのはどれか。

a. 疼痛性跛行

b. 会陰部の異常感覚

c. 右下腿外側の感覚鈍麻

d. 右母趾背屈筋力の低下

e. 右下肢伸展挙上テスト陽性

解答を見る
  問題解説・webプログラミング : 米澤昌紘(れく)