52歳の男性。両側の肺腫瘤を指摘されて来院した。2年前にS状結腸癌のため他院で手術を受けており、2日前に経過観察のため行われた胸部 CTで肺野に結節影が認められたため紹介されて受診した。喫煙は 20 本/日を 23 年間。

意識は清明。 身長 175 cm、体重 90 kg。体温 36.8 ℃。脈拍 92/分、整。血圧 132/82 mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 98 %(room air)。心音と呼吸音とに異常を認めない。

血液所見: 赤血球 456 万、Hb 14.3 g/dL、Ht 44 %、白血球 6,500、血小板 18 万。血液生化学所見:総蛋白 7.0 g/dL、アルブミン 4.3 g/dL、総ビリルビン 0.3 mg/dL、AST 19 U/L、ALT 40 U/L、LD 124 U/L(基準 176〜353)、クレアチニン 0.7 mg/dL、 Na 144 mEq/L、K 4.2 mEq/L、Cl 110 mEq/L、CEA 6.5 ng/mL(基準 5.0 以下)。 CRP 0.1 mg/dL。呼吸機能所見:VC 4.57 L、%VC 120 %、FEV1 3.81 L、 FEV1% 84 %。心電図に異常を認めない。肺野条件の胸部CTを示す。S状結腸に再発はなく、全身検索でも胸部CTで確認された病変以外に異常を認めなかった。

治療として最も適切なのはどれか。

a. 放射線化学療法

b. 抗癌化学療法

c. 放射線療法

d. 手術療法

e. 免疫療法

解答を見る