78歳の男性。特別養護老人ホームの入所前検査で梅毒血清反応に異常がみられたため受診した。梅毒を罹患し治療を受けたことがある。RPR 1倍未満 (基準 1倍未満)、TPHA 640 倍 (基準 80 倍未満)。明らかな皮疹を認めない。

対応として適切なのはどれか。

a. 「治療の必要はありません」

b. 「抗核抗体検査を行います」

c. 「ペニシリン内服で加療を行います」

d. 「7日以内に保健所への届出が必要です」

e. 「3か月後に血清抗体価の再検査を行います」

解答を見る