34歳の初産婦。産褥0日で入院中である。妊娠12週の血液検査で血液型はO型Rh D(-)と判定された。輸血歴はない。家族歴に特記すべきことはない。妊娠28週時の間接Coombs試験は陰性で、抗D人免疫グロブリンの投与を受けている。妊娠39週4日に自然陣痛が発来して入院し、2,760gの男児を正常経腟分娩した。新生児血液型はO型Rh D(+)と判定された。

母体に行う適切な対応はどれか。

a. 経過観察

b. アルブミン投与

c. ハプトグロビン投与

d. 副腎皮質ステロイド投与

e. 抗D人免疫グロブリン投与

解答を見る