36 歳の男性。意識障害のため救急車で搬入された。夏季に作業のため穀物貯蔵タンク内に入ったところ、間もなく意識を消失して倒れた。作業前に普段と変わったところはなく、所持品に不審なものもなかった。救急隊接触時、全身にチアノーゼを認め、SpO2 88 % であった。

来院時の意識レベルは JCSⅢ-300。体温 37.2 ℃。心拍数 108/分、整。血圧 132/90 mmHg。呼吸数 16/分。SpO2 100 %(リザーバー付マスク 10 L/分 酸素投与下)。心音と呼吸音とに異常を認めない。皮膚は湿潤しており、血管拡張は認めない。

血液所見:赤血球 530 万、Hb 16.0 g/dL、白血球 6,000。血液生化学所見:総蛋白 6.8 g/dL、AST 30 U/L、ALT 32 U/L、CK 22 U/L (基準 30〜140)、尿素窒素 16 mg/dL、クレアチニン 1.1 mg/dL、Na 142 mEq/L、K 3.8 mEq/L、Cl 102 mEq/L。心電図と胸部エックス線写真とに異常を認めない。

最も考えられる病態はどれか。

a. 一酸化炭素中毒

b. 酸素欠乏症

c. シアン化水素中毒

d. 熱中症

e. 硫化水素中毒

解答を見る