31歳の1回経産婦。妊娠 32 週日。性器出血を主訴に妊婦健康診査を受けている周産期母子医療センターに来院した。10 日ほど前にも少量の性器出血があり、3日間の自宅安静で軽快したという。本日自宅で夕食作りをしていたとき、突然、性器出血があり、慌てて受診した。第1子を妊娠 38 週で正常分娩している。

体温 36.5 ℃。脈拍 88/分、整。血圧 102/62 mmHg。来院時、ナプキンに付着した血液 は約 50 mL だった。腟鏡診で計 250 mL の血液および凝血塊の貯留を認め、子宮口から血液流出が続いているのが観察された。腹部超音波検査で胎児推定体重は 1,850 g、羊水量は正常。胎児心拍数陣痛図で子宮収縮はなく、胎児心拍数波形に異常を認めない。経腟超音波像を示す。

対応として正しいのはどれか。

a. 帝王切開を行う。

b. 子宮頸管縫縮術を行う。

c. 翌日の受診を指示し帰宅させる。

d. β2刺激薬の点滴静注を開始する。

e. オキシトシンの点滴静注を開始する。

解答を見る