67歳の女性。発熱と咳とを主訴に来院した。1週前から発熱と咳が出現し、徐々に悪化してきたため受診した。末梢性T細胞性リンパ腫にて3回目の化学療法を3週前に終了している。

リンパ腫による両側の頸部と鼠径部とに小指頭大のリンパ節を数個ずつ認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。SpO2 96%(room air)。

血液所見:赤血球401万、Hb 10.7g/dL、Ht 39%、網赤血球1%、白血球7,100(桿状核好中球26%、分葉核好中球56%、好酸球1%、単球2%、リンパ球15%)、血小板15万。血液生化学所見:AST 46IU/L、ALT 41IU/L、LD 498IU/L(基準176~353)、KL-6 1,402U/mL(基準500未満)。免疫血清学所見:CRP 2.7mg/dL、β-D-グルカン340pg/mL(基準10以下)、アスペルギルス抗原陰性、カンジダ抗原陰性。喀痰の細菌培養陰性、喀痰ニューモシスチス陽性。胸部エックス線写真と胸部単純CTとを別に示す。

治療薬として適切なのはどれか。

a. ST合剤

b. ペニシリン

c. レボフロキサシン

d. エリスロマイシン

e. アムホテリシンB

解答を見る