52 歳の女性。複視の精査と治療のため入院中である。2か月前から夕方に車を運転しているとセンターラインが二重に見えるようになり、1か月前から右のまぶたが開けにくくなってきた。自宅近くの医療機関を受診し、頭部 MRI で異常がないと説明されたが、症状が改善しないため受診した。

来院時、右側に眼瞼下垂を認め、右眼の外転が軽度制限されていた。両上肢の近位筋にも軽度の筋力低下がみられた。エドロホニウムテスト陽性。抗アセチルコリン受容体抗体 50.0 nmol/L(基準 0.3 以下)。抗コリンエステラーゼ薬を処方されたが、症状が改善しないため入院した。胸部造影 CTを別に示す。

最も適切な対応はどれか。

a. 放射線療法

b. 縦隔リンパ節生検

c. ステロイドパルス療法

d. 胸腺腫を含む拡大胸腺摘出術

e. 抗コリンエステラーゼ薬増量

解答を見る