日齢4の新生児。在胎 39 週、出生体重 2,900 g で出生した。出生時に切れあがった目、低くて広い鼻根などの顔貌と心雑音、肝脾腫を認めた。血液所見:Hb 9.8 g/dL、白血球 32,000(芽球様幼若細胞 70 %)、血小板 3.5 万。心エコー検査で心室中隔欠損症を認めた。その後、血液所見は日齢 10 で正常化した。

この患児に今後合併する可能性が高いのはどれか。

a. 甲状腺機能低下症

b. 思春期早発症

c. 筋緊張亢進

d. 難治性下痢

e. 神経芽腫

解答を見る