25 歳の初妊婦(1妊0産) 。妊娠 34 週4日に周産期管理のため、自宅近くの産科診療所から紹介されて来院した。既往歴、家族歴に特記すべきことはない。

身長160 cm、体重 59 kg。体温 36.6 ℃。脈拍 80/分、整。血圧 120/72 mmHg。内診時の帯下では BTB 試験紙の色の変化はなかった。腹部超音波検査で胎児は頭位で、推定体重は 2,050 g、羊水指数<AFI>は 3.8 cm だった。臍帯断面の超音波像及びノンストレステスト<NST>の結果を別に示す。

説明として正しいのはどれか。2つ選べ。

a. 「絶対安静が必要です」

b. 「前期破水が疑われます」

c. 「羊水過少が疑われます」

d. 「今日中に分娩にする必要があります」

e. 「赤ちゃんの先天的な病気の精密検査が必要です」

解答を見る